プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

疑問だらけの対応

東北関東大震災から半月が過ぎました・・・・・・。



残念ながら未だ満足な食事も行き届けられていないという


避難所もあるみたいです


ここ数日は真冬並みの寒波が被災地を襲っています



だというのに・・・・・こんな記事を見つけました


日本に対する諸外国からの善意と支援の一部が行き場を失っている。


混乱の中で日本側の受け入れ態勢に不備があるのみならず、


食品安全基準などが大きな障害になっているようだ。


「 日本に恩返しをしたい 」 という各国の思いが


宙に浮く格好となっている。


 東南アジアのある国は、毛布を数万枚送ると申し出た。


だが、日本政府はサイズ(80センチ×80センチ)を指定し、


送られる予定の毛布が20センチほど 「 規格 」 に合わないと、


受け入れに強い難色を示した。


「 規格外 」 の毛布は、すったもんだの末にようやく日本に届けられた。



 日本政府から救助犬の派遣を真っ先に要請され、


それに応じて送り出そうとした矢先に 「 待った 」 を


かけられたケースもある。


その際の説明は 「 空港での検疫に1カ月かかる。


1週間に短縮できるが、救助犬をその間管理できない 」 だった。


結局、この国の救助犬が日本の地を踏むことはなかった。



 コメ数万トンの援助を事実上、断られた例もある。


送る予定のコメは日本人の口には合わないだろうと、


もち米を交ぜる工夫も施されていた。


しかし日本政府は 「 国内に余剰米がある 」 と回答。


すでに空輸準備が終わっていた一部を除き、


日本には届けられなかった。

                   = 産経新聞より引用 =




一枚の毛布を4人で分け合って使っていた被災者の方もいます


20センチ規格に合わなかったって???


どんなサイズの毛布だって被災者の方には必要だったと思います


そりゃー衛生上の事やその他諸々の検査も必要だとは思いますが、


そしたら、ニッポンから安全な物を届けてあげなさいよ


そんな事も出来ていないくせにエラそうにせっかくの海外からの


善意ある行為をお断りするだなんて、ほんと失礼極まりない国だ事



救助犬の事だって、一ヶ月もかかってどうするのよ ( 怒 )


ひとりでも多くの生命を救う、それが一番大事なんじゃないのかな~


阪神・淡路大震災の時に、一番感じた事が、


「 遅い 」 と言う事だった


救助・支援の手が遅すぎる


だから助かる命もダメだったケースがどれだけあったか、


私は自分の目でしっかり見ました



後1日、いえ後半日でも早く救助の手が届いていたら


助かった命はもっともっとあったのに・・・・・・・。




お腹が一杯になってから食べるフランス料理よりも


空腹な時に食べる1ヶのおにぎりがどれだけ有難く、


そして美味しくて嬉しい事か~。



被災地で困惑されている被災者の方より


冷静さを失い、慌てふためているニッポンの政府、


全身全霊でこの大震災の復興に力を入れて下さい



自分たちの地位や選挙対策よりも優先に考えなさいよねッ


スポンサーサイト

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

今日は?いま何時?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード