プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

飼うということ~

市場規模1兆円ともいわれている日本のペットブームだが、


その陰には悲しい現実があると言う事・・・・・・。



殺処分される犬や猫は年間およそ30万匹、


大量処分の現状は永遠に続くのだろうか


人間の身勝手さによって被害に合う生き物、


命の重みを真剣に考えてみるべきではないだろうかぁ?




私のブログの右下に貼ってある 「 いつでも里親募集中 」、


クリックをする度に悲しい気持ちになってしまう



次から次へと粗末にされていく命・・・・・・・。



そして尊敬するのは里親を必死で探そうとしている方々、


おうちで可哀想なコ達を引き取り、お世話をして、


里親さんを懸命に探そうとしている方々には


頭の下がる思いで毎日ブログなどを読ませて貰っています





以前、こんな話を聞いた事があります


保健所に家族4人で一匹のパピヨンを連れて来たそうです~



目的は、ワンちゃんを飼えなくなったので引き取って欲しいと。



職員の方が理由を聞くと何と・・・・・・


母親のひと言、


「 うちね、最近新しいじゅうたんを買ったんですよ、


それでね、このコの色とじゅうたんの色がどうも合わないんですよね 」



エッ







それが自分の今まで飼っていたワンちゃんを捨てる理由




その話を聞いて、思わずこぶしを振り上げたくなりました




そんなんだったら最初からワンちゃんなんて飼わずに、


高級なテディベアでも買っとけば良いのに



そしてその母親の子供の将来が・・・・・・・怖い


そんな母親にこれから教育されて社会に出て行くって・・・・怖ッ



家族4人も居て、誰も止めるヤツは居なかったのだろうか



誰か一人くらい、「 可哀想だから・・・・ 」とか、


そんな優しさや愛もこの家族にはなかったのだろうか


「 じゅうたんの色と合わない 」 って、そういう発想を


よくもまぁ~思いつくものだわ




もし私がそのセンターの受付を担当していたなら、


大喧嘩になって散々文句と嫌みを言ってやったと思うわ




こんなとんでもない家族には


将来絶対に生き物を買わせないような法律を作って欲しいものだわよ




保健所などに生き物を引き渡す事を有料にしたらどうなのかな?



無料で引き取る事なんてないと思います


但し、理由によりますけど・・・・・・・。



大半が自分の身勝手な理由だと思うんです


金額は私の思う所では1頭に付き10万円~、


命に金額は付けたくないですけど、


そのお金で里親募集の輪を広げるとか、


少しの間だけでもご馳走を食べさせてあげるとか、


それくらいの事は最後にしてあげても良いと思うんですよね



だってそれがせめてもの彼らに対する償いでしょ~


でも悪人はどこまでも悪党だから、


有料となった場合、街中に捨てちゃうヤツが出て来るかも?





そして、ブリーダーさんからの持ち込みも多々あるそうです


勿論、持ち込まれるのは純血種、


純血種ゆえ、他人に譲渡されてしまっては営業上困るとの事で、


「 必ず早めに殺処分をして下さい 」 と念を押して引き上げるとか・・・・。



そして翌日以降、「 もう殺処分して貰えましたか? 」 と


確認電話をかけてくるヤツも居るそうです



聞いてビックリ、呆れ返ります



繁殖させるだけの目的でゲージに閉じ込め、


用がなくなったら保健所で処分をしてもらう・・・・、


そんな残酷な事が許されてしまう世の中なんですよねぇ~。



なーんか違うと思いません



こういう事に日本の法律って甘あまなんですよねぇ~



「 命の重み 」 をもっと深く考えて欲しいと強く思います


スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

今日は?いま何時?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード