プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

胃がんとの闘い☆スタート

最初にお詫びをしたいと思います

皆さんの楽しいブログへの訪問が全く出来てません

理由は・・・・・これから書いていきたいと思います



前回のブログで触れた事をUPします


私の父は今年で72歳になります

定年退職後、ボランティア活動と登山などを

しながら元気に生活していました


今から5年前の2003年12月に早期胃がんが

発見され胃の三分の二を切除しました

その後、食欲はあまりないものの趣味ひとつである

登山も出来るようになっていました

父は普通の人よりも数倍、食べ物には気を付けた

食生活を送っていました

運動も毎日欠かさず、規則正しい生活をしていたにも

かかわらず胃がんという恐ろしい病に襲われてしまいました

5年前の手術で体重が3、4キロ落ちてはいましたが

それでもボランティア、主に高齢者の方の病院への送迎や

登山などしながら元気に暮らしていました

そして5年目の今年の7月末、胃カメラ検査で残っている

三分の一の胃の中にがん細胞が発見されてしまったのです

7月29日、父と一緒に胃カメラ検査の結果を聞きに行きました

それまでに少し凹みがあって怪しい部分があるので

細胞を取り精密検査をします~と聞いていたのと

父の体調がイマイチよくない、そして体重の減少があったので

もしも???と思っていたのですがまさか又同じ胃の中に

がんが発見されるとは・・・・・・・頭が真っ白になりました

血液検査の結果、肝臓の数値も高いので肝臓への転移と

胃の裏側にあるすい臓への転移が心配です~と言われました

その後、大きな病院を紹介してもらい早々に行きました

造影剤を使ってのCT検査・又胃カメラ・エコー・大腸癌検査、

などなど検査・検査の一週間でした

そしていよいよ転移があったかどうかの結果が判る当日。

それ迄の一週間は暗くて辛くてどうしようもありませんでした

父の前では泣いたらいけないと判ってるのにどうしようもなく

涙がこぼれてしまって・・・・、連鎖反応で母も泣いてしまい・・・・

長いこと待たされていよいよ診察の順番がまわってきました

入った瞬間、たくさんの画像が貼ってありました

そして。。。。。「転移はありませんでした」

「エッ、本当ですか?本当に?」父よりも先に言ってしまった私~

「良かった、嬉しいです、有難うございました」と父

消化器科でその事を言われ次は外科へまわされました

待ち時間、3時間40分、大きな病院はほんと大変だわ~

でもその3時間40分の間、これからの事をいっぱい話してたら

アッと言う間に時間は過ぎていってくれました

転移はなかったものの残胃三分の一の切除は

即刻にしなければなりません

絶食の連続で検査・検査で体力が落ちてるので、

これからは出来るだけ体力を付けて手術にのぞまないと~



気丈な父は転移がないと判ってから庭木の剪定、

ボランティア活動、友人のお墓参りなど

大忙しの毎日を送っています

入院日は前日に電話がかかってくるんですよ

もう少し余裕を持って連絡して欲しいなぁ~

って患者側からの意見ですけど今の医療体制が

そうなっている以上これ又逆らうことは出来ませんしね

=病院へ一緒に着いて行って思った事=

何とまぁ、患者さんの多い事、そして待ち時間の長い事!

9時半の予約で診てもらったのが13時前!!!

診察室に「ただ今ご予約の時間よりも3時間遅れです」

そんな張り紙をフツーに張っているという事!

何のための予約時間なんだろう???疑問。

でも日本人は黙ってジーッと耐えてます、エライね~

話は余談になってしまいましたが、

今は父の事で頭がいっぱいです

5年前もそうでしたが「胃がん」関連の本やネットを

手当たり次第に読んでる毎日です

だからと言って私に出来る事はないんですけど

そうしていないと落ち着かないと言うか・・・・・・。

これからの手術に向けて今は検査をしっかり受けてます

二度目の開腹手術になるので今度は前回よりも

かなり大きな手術になります~と言われてます

でも何とか乗り越えて頑張って欲しい、それだけです

これからの経過もこのブログにUPしていきたいと思います





ノン&ミニは暑さにもバテることなく元気ですよ

早朝散歩は毎日欠かさず行ってま~す

実は・・・・アミちゃんが千葉県へ帰ってから

次のコをずーっと探していました

そうしてた矢先に父の事があったので、

探すのを中断しました

これから看病などで忙しくなるので無理だし~

ノンさんとミニたんが凹んでる私を助けてくれたり

そしていっぱい癒してくれるものね、ありがとー。

これからもたまーに登場するので忘れないでね



まだまだ暑い日々が続きます、どうぞ皆さんも体調管理を

しっかりして夏バテしませんように・・・・・・・。

普段健康だとあまり感じませんが「元気」よりも

大切なもの、有難いものはありませんね


今日も長い文章を最後まで読んで下さってありがとう~




スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

前回の記事の時に、心配してました。
・・・・違ってればいいなぁ~と案じておりました。
でも転移がなくってよかったですね!
暑い毎日が続いてますが、お父様も体力をつけておかないとですね☆
ご本人はもとよりお母様もかなりショックを受けられてると思います。
YUKARIさんの気持ちが今の私とダブります。
うちも胃ガンなんです。先生から早期だと言われました。
レーザーでうまく取れたと聞いてたので安心してましたら
退院前になってやっぱり胃の切除をしないといけないと言われました。
YUKARIさんも大変でしょうが一緒にがんばりましょう!
・・・・・って私達には何も出来ないけど^^;

ゆかりさんなんだか4年前の私をみてるような気持ちで読ませてもらいました
私の父は65歳の年に膀胱癌で亡くなりました
おしっこの出が最近悪いって言うので・・
普段から病院が大好きな父は泌尿器科意外は完璧なくらい検査を毎年受けていたんです
父の場合はまさか癌だなんて誰も思わずの検査だったんです
でも癌がわかった時にはもうすでに余命宣告されてしまったんです
私は当時介護の仕事をしていたんだけど
辞めさせてもらい残り少ない父の為だけに時間を過ごそうと決めました
妹も同じです
父は最期まで自分が癌だとは知りませんでした
開腹手術を受けて人口の膀胱を取り付け放射線治療をがんばりました
入退院の繰り返しに父はもう病院にはいたくないと言い自宅療養に切り替えました
訪問看護の看護士さんと先生とみんな一緒に治療にがんばりました
その頃癌に効くと言う色々な健康食品のセミナーを聞きに行ったり
いいと言うものは値段に関係なくなんでも飲ませました
みんなやるだけの事は全部してあげました
歩けなくなったら私のマンションのお風呂の方が入りやすいので体を洗ってあげたりもしてあげました
亡くなる前の晩も父が体調悪いからそばにいてほしいと連絡があり寝ずの看病をしました
でも次の日私の家族妹家族母親戚みんなが見守る中息を引き取りました
最後の言葉は先生にいつもありがとうございますでした
いつもみんなへの感謝の言葉を言ってた父なんですありがとうありがとうと

ゆかりさんお父様の事見守ってあげてください
大丈夫 他に転移してないと言う言葉すごく私も嬉しい
まだまだ今は若いと言われる年代です
乗り越えてくれるように私も力になりたい
私も父の前では泣きませんでした
その代わり家ではいつも泣いてました
ゆかりさん病気の事で何か私でもよければ話してくださいね
長くなってごめんなさい

お父様の病気のこと、とても心配で何も手につかないんでしょうね
めいっぱい、お世話しましょう
転移がないということは、それだけですごいことだと思うからきっと今回の手術もうまくいくと思います
なにも力になれなくてごめんなさい
影ながら応援しています

新たな戦いと

おっはよーv-222v-411
なかなかコメに来れなくてゴメンねv-406
実は私も自分の中で整理ができない状況があって記事は読んでいたんだけどコメが出来なかったの。
ババの彼氏が手術をした話はブログで書いたけど脳腫瘍は悪性でしかも転移性だった。
これから放射線治療がスタートします。
そして転移しているかどうかの検査が始まる。
お父様もそうだと思うんだけど本人が一番恐怖で一番辛いとババは思います。
もちろん周りも辛いけどね。
だからこそ支えてあげなくちゃv-363と心の奥底で強く思うのです。
YUKARIちゃん一緒に頑張ろうv-363
ババも頑張るよv-411

おちよぼうさんへ

どうも有難うございます。

ブログでお父様が退院とあったので
良かったなぁ~って思ってたのですが。
レーザー治療で完全にがん細胞を
取り除くことは難しいみたいですね。
来月に開腹手術予定ですかぁ?
うちの父は5年前に三分の二を切除して
今回又残胃三分の一にがん細胞が……
前回の手術で全摘していたらなぁ~?
なーんて素人考えですが思いました。

家族も心配や不安でいっぱいですけど
やっぱり本人自身が一番キツイですよね。

おちよぼうさん、一緒に私たちに出来る事を
頑張っていきましょうねv-91

プリごろ太さんへ

どうも有難うございます。

以前にお電話でお話した時に少しだけ
聞きましたが、65歳でしたか……。
がんは自覚症状がないので厄介です。
開腹手術を受けて入退院の繰り返しは
本当に大変で辛かった事でしょう。
自宅療養されて出来る限りの事を
してもらいお父様もご満足の事でしょう。
ありがとう~の言葉を大事にされていたのですね。
みんなに感謝してそして安らかに
天国へ召されたのですね・・・・。
プリさんのご苦労は一言では絶対に
言い切れないと思います。
本当に良い娘さんでお父様も喜ばれて
そして安心して病気と闘えたのでしょう。
長いコメントをいただきましてどうも有難う。

又、色々と教えて貰う事があると思うので
その節はどうぞ宜しくお願いしますね。

ユメ夢♪さんへ

どうも有難うございます。

今は転移がないと判ったので
だいぶ気持も楽になりました。
あとは大きな手術に耐えれるように
体力を付けて頑張るしかありませんね。

いつも応援して下さって感謝してます。

ドックラン完成、おめでとうv-315
1か月かかりの大作業、御苦労さまでしたv-425

ユリンババさんへ

どうも有難うございます。

いいえ、こちらこそのぞき見ばかりで
ごめんなさいデス。
脳腫瘍ですか・・・・・。
がん細胞は本当に厄介な奴です。
何処にでも出来て自分の力でどんどん
増殖していくどうしようもない悪です。

彼氏さん、どうか、どうか転移してません様に。
放射線治療と並行して転移がないかの
検査が始まるのですね。
そうですね、本人自身が一番怖いし
不安だし辛いしキツイと思います。
代わってあげれるものなら
代理手術を受けてあげたいけど、
こればっかりはどうしようもないね。
私たちに出来ることは限られてるけど
せめてそれだけでも一生懸命に
してあげたいと思いますよね。
ババさん、一緒にがんと闘いましょうv-91

お久しぶりです
この数日・・・大変な日々だったんですね
お父様も転移がなくて読んでいて
胸が苦しくなりましたが、少しほっとしました
病院も患者さんが多いって事は
信頼されてる良い病院なんでしょうね
私は知識がないのでなんとお声をかけていいか・・・
お父様と御家族の皆様のために
頑張ってるYUKARIさん
暫く落ち着くまで大変だとは思いますが頑張ってください
良い方向へ向う事を陰ながらお祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クローバーさんへ

どうも有難うございます。

転移してなくて手術が出来ることに
今はとても感謝しています。
来週には入院・手術となる予定です。
出来る限りの事はしようと思います。
いつも優しいコメントをありがとう。

チロルちゃんのブログにも行けなくて
御免なさいね。

今日は?いま何時?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード