プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

盲導犬事故死の判決

盲導犬のサフィーちゃんが


トラックにはねられて亡くなった交通事故の判決が


5日、名古屋地方裁判所であったそうです


原告の中部盲導犬協会側は


「 盲導犬はペットと異なり、視覚障害者の体の一部、


希少性を考慮すべき 」と主張~。





運転手・運送会社側は「 盲導犬は商品、希少性は無関係 」と主張~。






判決は盲導犬の社会的地位を認め、


トラックの運転手と運送会社に294万円の損害賠償支払いを命じた





これって温かいそして嬉しい判決です




でも当然と言えば当前の判決とも思えるのですけどねぇー。





この判決は盲導犬であったからこの判決であったけれども


もし普通のペットが交通事故にあった場合、


法律上、民法・刑法では物(動産)という扱いになり、


もの凄く軽く扱われるんですよね・・・・・。





例えば怪我をした程度なら


基本的には慰謝料は認められません





死亡事故の場合でも


例外的に特殊なケースでのみ認められるだけ・・・。





例えばそのペットが


被害者にとって特別な主観的・精神的価値がある場合


又はそのペットが血統書や非常に希少価値があり、


高額で取引されている場合などに限ってのみ


例外的に認められる~。





但しこの場合であっても、


慰謝料は多くてもそのペットの購入価格の半額程度が上限額~、





特別な主観的・精神的価値がある場合~とありますが


これを認めて貰うのも大変みたいです




でもワンを飼っている私達は皆、これに該当すると思うんです





精神的価値って・・・・・???


ペットではなく家族なのだから彼らの存在は


私達飼い主にとっては宝物ですから・・・・・。




民法・刑法で 「 物 」 扱いだという事に腹が立ちますねぇー。





血統書や非常に希少価値があり、高額で取引されている場合、


とありますが自分のワンは値段が付けられない宝物なのですから・・・。




たとえ高額な慰謝料を貰ってもそのコの命は戻らない、


抱っこする事も出来ない、命の重みは人間と同様ですから・・・。





ニッポンの法律を早く改正して欲しいものです


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

今日は?いま何時?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード