プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

裁判員裁判、4件目の判決

今日、神戸地方裁判所で裁判員制度が始まって

4件目の判決が出ました



事件の概要は

74歳の実父を40歳の息子が灰皿で殴り、

殺そうとした、殺人未遂罪。


被告人は起訴内容を認め、父親の怪我も

幸いにして10日間くらいのものであった




今回、裁判員に選出された人は男性2名・女性4名





検察側は実刑5年、弁護士側は執行猶予を求め、

判決は懲役3年の執行猶予4年と出た




検察側は今のところ控訴しない方針





もし控訴して高等裁判所へいけば地裁で裁判員が

出した判決はひっくりかえってしまう~って事もあり。




まぁー、ここから先の難しい裁判はプロにお任せ下さい~

って事なんだろうけどねぇ???






今回の神戸地裁での判決はどうなのでしょう?




被害者が実父であったということ、

なので処罰感情が非常に薄いこと、




刑罰はもちろん自分が犯してしまった罪を償うという事、

そして今後そのような罪を二度と起こさないという事、

つまり再犯は絶対に食い止めなければ意味がない



そう考えれば執行猶予が出た今回の判決は

ちょっと甘いように私は思ったのですが・・・・・・。




今日、山口地裁の裁判員裁判の判決も

懲役3年、保護観察付き執行猶予4年の判決でしたが

被告人の動機がまったく違いますから・・・・・・。


山口地裁の場合は13年もの間、献身的な介護問題が背景にある



神戸地裁の場合はパチンコで借金を作り、

仕事も見つけようとはせずに父親に手をかけてしまった、

云わば短絡的・自分の行動に対して余りにも無責任であり

全然、動機の重さが違うと思います





人が人を理解する、見抜く、裁く、

これは大変難しい事で、

ある意味不可能に近いのかもしれないけど

これから先同じような被害者を出さないようにする、

だから殺人未遂事件であってももう少し厳しくしても

良いように私は思いますけどねッ。




今回の被告人が深く反省をし自分自身の人生を見直し、

家族のためにも立ち直って強く正しく生きて欲しいです


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

今日は?いま何時?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード