プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

胃がんで胃を全摘した後遺症

父は胃がん手術を2回しました



がんの中でも胃がんは早期発見出来れば命を落とす事はない、


比較的ましながんであると一般的には思われているようです



が・・・・・・・・・・・、





2003年12月、早期胃がんのため、胃の三分の二を切除


2008年7月、残胃三分の一部分から、がん細胞が見つかる


2008年8月、胃がん全摘手術




二度目の手術から9年になります


二度目の手術の時のブログ記事です )




胃は他の臓器と違って無くても生きていけます


只、食生活はかなりキツイものになります



父は若いころから自分の健康管理はしっかりとしていました


胃を失ってからは特に気を付けながら1日6回に分けて食事をしてます



食事と言っても量は少なく、最近益々、少量になっています


一口でも 「 ムリ 」 と思ったら残さないと、後々大変な事に



栄養補助食品、特に高カロリーのものを選んで食べてます


間近に見ていて、胃を失った喪失感、苦痛と言うものは大変なんだ、


本当に可哀想だと思います



母が人工股関節置換術で入院した時の同室のお婆さんが、


食事の時間が来るのが苦痛だと、


そして、泣きながらイヤイヤ食べていたのを思い出します


その方も胃がんで胃を全部失っていました・・・・・・・




私が 「 お腹空いた 」 って口にすると父はいつも言います


「 良いなぁ~、お腹が空いて 」 と。



父は、2003年に胃がん手術をしてから


お腹が空いたと思う事は無くなり、


食べ物を美味しいと思って食べた事がないと、


ポツリと言った顔が笑っていたけど・・・・・、


胸の内では泣いているんだろうなぁ~





人間の身体は精密機械よりも精密に出来ているため、


胃が無いと言う事は他部分にも負担をかけている、


その為、あらゆる箇所に影響が出てくるものです


今、父は高血糖、心房細動、動悸息切れ、不整脈など。




適度な運動、睡眠、バランスの良い食事を心掛けた人でも


病は襲ってくるということ、理不尽だなぁ~。


これも運命と受け止める強い心も大切なんだと思います




病になったら精神的にも大きなダメージを受けます


まして 「 がん 」 と診断されたら。


だから尚更、病にも打ち勝つ強い精神力が必要になります


もし、神様がいらっしゃるなら、


病になった人に強いメンタルを与えて下さい


身体は病に侵されて尚且つ強い精神力を持ちなさい、


と言うのも酷なお話です


だからせめて、思い病に侵された人には


それに打ち勝つだけの強い精神力をプレゼントして下さい


なーんて都合の良い事を願ってみたり。





がんに苦しむ人は多いです


そして今後、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる



がんの特効薬と言うものは未だ無くて、


がん患者は抗がん剤の副作用に苦しみ、


それに体力が耐えられず、苦しみながら命を落とす現実



数十年後、もしかしたらがんも治せる病になっているかもしれませんが、


1日も早く、研究に研究を重ねて、


副作用で苦しまなくてもいい特効薬を生み出して欲しいです



がん患者とがん患者の家族は強く強く願います


スポンサーサイト

今日は?いま何時?
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード