プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

良い医師と悪い医師

動物病院も含め、


未だ信頼出来る医師に巡り合った事が有りません



まぁー、まぁー、妥協出来る程度の医師はいますが・・・・・。





定義として、


良い医師とは当然、病気や怪我を治してくれる人、


悪い医師とは腕の無いヤブ医者のこと。


付け加えると、


良い医師とは、患者の立場になり親身に症状などを聞いてくれる人、


悪い医師とは、患者に触れる事は勿論、顔も見ない、


パソコンの画面しかみない、検査結果の数値しか見ない人、


そんな医師は親切心の欠片もない、患者の話は面倒そうに聞かない、


モチそんな医師ばかりではありませんが、大半の医師は後者であると感じます




母がいつも受診している整形外科の担当医ですが、


こちらが挨拶をしても無視、症状も聞かない、


こちらから症状を話すとあからさまに鬱陶しい表情をする、


勿論、何処が痛いと言っても触る事もなければ患者の顔も見ない


もう、サイテー、サイアクのハゲでぶ野郎です


暴言失礼致しました



今まで律儀に主治医なのでその医師の曜日に合わせて通院してましたが、


思い切って違う医師の曜日に行ってみました



そしたら、その先生は無視する事もなく大きな声で挨拶をしてくれて、


母にしっかりと症状を聞いて下さり、


私の細かい症状の説明も丁寧に聞いて下さいました



血液検査と右肩のレントゲンを撮りました



血液検査をしてもらったのは、石灰沈着かどうかを調べるためだと、


そんな説明までもしてくれました



レントゲン検査ではやはり加齢によるものであると診断され、


私がCT検査やMRI検査はしなくても良いのでしょうか?


と質問すると、


手術が可能であれば細かくどの部分が損傷しているかを調べる事も必要だけど


母の場合86歳という年齢も考えると其処まで詳しく検査する必要もないと~


なるほど、と母も私も先生の丁寧な説明に納得して、


ヒアルロン酸注射と痛み止め薬と湿布を出していただきました




母が今までの憎たらしい医師と余りにも対応が違っていたので、


「 嬉しくて涙が出るわ、先生、ありがとう 」 と母。


そしたら、先生が、


「 痛い注射をしてありがとうって言ってもらって此方こそありがとう 」 と。



診察室から出る時、深く深くお辞儀をして退出しました

 

母も私もその先生が天使に見えました


久しぶりに病院からの帰り道、足取りが軽やかになりましたぁ


スポンサーサイト

今日は?いま何時?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード