プロフィール

YUKARI

Author:YUKARI
I hope your dreams come true.
あなたの夢がかないますように。

いくつになったの?
最近の記事
カテゴリー
カウンター
いま何人?
現在の閲覧者数:
ブログ村
 犬ブログへ
 犬ブログ ロングコートチワワへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加
月別アーカイブ
輪になって回るハート

護郷隊 ( ごきょうたい )

NHKスペシャルで、 「 あの日、僕らは戦場で 」 を見ました




14~17歳の子供を中心としたゲリラ部隊組織、


護郷隊 ( ごきょうたい ) という部隊があったそうです




表面上は志願と言う事だったそうですが、


強制的に兵士にされた方も多かったみたいです



校庭に集められた少年たちに軍人から、


「 帰りたければ帰っても構わない、但し、その後自宅に紙を送る、


そしてそのあとは、処刑だ 」


権力と暴力、そして脅しです



この時代の少年たちは軍人には逆らえないという軍事教育も受けていた為、


ひとたび命令が下れば断る事など出来なかったのです


「 故郷を守るためには戦うしかない 」 と


未だ幼い彼らは厳しい訓練に耐えて頑張ったのでしょう




軍人からは、


「 10人殺せば日本は勝つ、10人殺したら死んでいい 」 と言われ、


そして、何よりも心が痛かったのは


「 お前の命は鳥の 羽よりも軽い 」


ひとりの人間の生命がこんな扱い方をされた時代だった・・・・・、


非人道的で理不尽で、普通の感覚では到底理解し難い時代・・・・・・。





70年前に護郷隊だった男性が、


「 アメリカ兵を殺すことも、自分の命がなくなる事も、


友達が目の前で死んでいくことも、次第にどうでもよくなっていった 」


と語っておられました


恐ろしそして悲しいことだと思いました



人が人でなくなったり、異常であることが普通になったり、


もう国全体、人全体がまひしているというか・・・・・・・・、


戦争がそうさせてしまう、自然や家や命、人の心まで殺していく、


これが戦争の恐ろしさです




全国であった護郷隊ですが、


秘密部隊だったということもあり映像も資料もほとんど残っていない中、


元護郷隊の方々の証言も交えての判りやすいアニメ映像を


放送していただいたNHKさんに感謝です


スポンサーサイト

今日は?いま何時?
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
☆メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親
リンク
RSSフィード